安定期

つわりが始まるタイミングは

つわりは妊娠をしたことによって、食べ物の好みが変わったり吐き気があるなど、なんらかの症状が出て体調がすぐれなくなるという状況を指します。
妊婦のうち、おおよそ7割ほどの人がつわりを経験しているといわれています。
つわりが始まるタイミングはいつごろなのでしょうか。

妊活を終え妊娠できると次に経験することになるのがつわりです。
つわりが始まるタイミングは個人差がとても大きく、早い場合には、予定していた月経開始日から1週間経過した妊娠5週ごろから始まります。
この妊娠5週前後というのは、多くの人が妊娠したことに気が付かないごく初期の時期のため体調不良を訴えて一般の病院に行き、はじめて妊娠していることを指摘された人もいらっしゃいます。
遅い場合ですと妊娠12週ごろにつわりが始まります。

つわりといっても症状はさまざまな上に、あまり気にならない程度の人もいれば、寝込んだり仕事や生活に支障が出るほど重くなる人もいます。
またつわりが収まる時期もバラバラで、妊娠5か月ごろには落ち着くといわれていますが実際には出産まで続く人もいます。

つわりのメカニズムは現在の科学をもっても、いまだにはっきりしたことは分かっていません。
初めての妊娠の場合や、親族につわりが重い人がいる場合は重くなる傾向にあるという研究結果が報告されています。
また心理的な原因などによってもつわりの症状が変わることもあるともいわれています。

昔は妊婦は2人分無理にでも食べなければいけない、といわれていることもありましたが現在は栄養状態が良いことから、水分が摂れていれば無理に食べる必要はなくおなかの赤ちゃんにも影響はないとされています。

ただ水分が摂れないほどの状態になると、点滴を受けたり入院となるケースも珍しくありません。
妊娠中でも服用でき症状を緩和することができる薬などもありますので、無理せずに早めに受診を行いましょう。
そうする事で自分の体に負担をかけないですみます。