安定期

高齢での妊活のリスクを学んでおこう

30代後半で出産という人はまったく珍しいことではなくなり、40歳を越える出産もよく耳にしますが、産婦人科クリニックでは35歳からの妊娠出産は高齢出産という扱いになりリスクを伴う可能性が増えてきます。
高齢での妊活はどのようなリスクが考えられるのでしょうか。

妊娠や出産に適している時期である妊娠適齢期は20歳代から30歳前半までといわれています。
しかし最近の日本では女性の社会進出などの影響もあって、晩婚化が加速したことにより、女性がはじめて妊娠をして出産をする年齢は年々遅くなってきています。

政府が行っている人口動態統計調査では、初産の平均年齢が30歳を越えていることから、30代の妊娠は当たり前のように思われています。
しかし古来から人間の身体自身が変化しているわけではありませんので、35歳以上になると高齢出産とされていて妊娠や出産時にトラブルが起こる可能性が高いとされています。

30歳台半ばを越えて妊活をするという方も少なくありません。
高齢での妊活のリスクはいくつかありますが、まず妊娠ができる可能性が低くなることが挙げられます。

「卵子の老化」という言葉が知られるようになってきましたが、女性は生まれた時から卵巣の中に卵子を作る元となる原子卵胞を持っていて、新たに作られることはありません。
そのため年齢を重ねるにつれて、少しずつ老化が進んでいき受精をしてもうまく育たないことが増えてくるのです。
30歳を越えると妊娠ができる可能性である妊娠率は少しずつ減っていき、35歳を越えると急激に下降していきます。

一方男性も妊活に加齢は影響します。
女性と違い精巣の中の精子は新しく作られていきますが、35歳を越えると男性の精子を作る機能も少しずつ低下していき、精子の数そのものや受精に必要な精子の運動量などが減っていくと考えられています。

35歳を越えて妊娠する人も多くなっていますが、女性だけでなく男性にも高齢の妊活にはリスクを伴うことを踏まえて行うようにしましょう。