安定期

妊娠中に甘いものを食べたくなったら

妊娠をするとなぜか無性に甘いものを食べたくなったりすることがあります。
つわりのせいだったり、妊娠の後期になると食欲が止まらないという人もいらっしゃいます。
無事に妊活が終了して待ち望んでいた妊娠をすると、女性の身体には驚くほどさまざまな変化が起こります。
甘い物を妊娠中に食べることはどのような影響があるのでしょうか。

妊活中・妊娠中は食べ物の制限もあり、甘い物や辛い物、脂の多いものは意識的に摂取をしないでしょう。

身体に起こる大きな変化のうち、初期に起こることが多いのがつわりです。
良く知られている吐き気や食欲不振などの他にも、食べ物の好みが変わってしまったり、ある食べ物をなぜか無性に食べたくなってしまうこともあります。

また妊娠中期もしくは後期になると、つわりが収まって食欲が戻ってきて、好きな物をたくさん食べたいという方も多いようです。
食欲が増すのは赤ちゃんを育てるために栄養を付けようという、妊娠中の女性ならではの本能ともいわれています。

甘い物を食べること自体は胎児には影響はありませんが、あまりに多く摂ると体重が必要以上に増加してしまいます。
また妊娠中に甘い物を食べると、湿疹などが出る方もいらっしゃいます。

妊娠中に体重が必要以上に増えると、産道にも脂肪が付き出産の際にトラブルが起こりやすくなる可能性が高くなるといわれています。
また急激な体重増加は、お腹に妊娠線が残ることにもつながります。

出産までに理想とされてる体重の増加量は、妊娠前のBMIによって少し変わってきます。
お腹の赤ちゃんの体重と、胎児を支えるために大きくなる子宮や血液の量などを合わせた大体7キロ程度とされています。

甘い物をどうしても食べたい時は、少しずつ食べるように心がけたりカロリーが少ないものを選び、体重の増加に気を付けるようにしましょう。
それでも止まらない場合は、検診の際に助産師さんに相談をすることもおすすめです。
そうする事で正しい行動をとれます。